事業報告
日 時 事業の内容 場 所
11月5日(木)
14:00〜
第3回 税務教室
特別企画オンラインセミナー


年末調整特別セミナー
2020年の改正点はここ!


名古屋北法人会としては初の「オンラインセミナー」として、企画・実施しました。
会員様はじめ、会員以外の方からも多数の申込みをいただき、セミナーに臨みました。
直前になって、メールのセキュリティの関係からか、資料が届いていないとか、案内メールが届いていないなどのご指摘も多々あり、バタバタするタイミングもありましたが、初めてのことで、皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫びいたします。
また、自社での登録手続きができないなどの理由により、一部の方は、法人会の研修室にお集まりいただいて、研修動画を視聴していただきました。
もちろん、3密を回避して、コロナ対策をしっかりとりました。
「年末調整」の手続きは、従業員を雇用する企業にとって、欠かすことのできない、年に1回の大変重要な事務です。
しかも、今年の年末調整は、改正事項も多く、注意すべきポイントも多くなっていますが、大変分かり易い解説と資料で、よく解ったとの声をいただきました。

■講師■
小野税務会計事務所 所長税理士
小野 恵 (おの めぐみ) 氏
オンラインセミナー

※ 名古屋北法人会の研修室でも集合型研修として視聴していただきました。
11月6日(金)
13:30〜
決算期別説明会
決算・申告のポイントと自主点検チェックシートの活用


10月決算、11月決算、12月決算法人を対象に、名古屋北税務署の法人課税部門の審理担当官を講師にお招きして、法人の決算と申告に当たっての留意点を中心に講義していただきました。
 日頃、税務署に個別質問や相談をしたいときの手続きについても説明があり、また、自主点検チェックシートの使用方法やその効能について、ガイドブックの数ある項目の中から、調査の際に問題となり易い項目を中心に説明が有りました。
 更には、消費税法の改正事項についても説明が有り、申告期限の延長制度が新たに設けられたことを理解しました。
 説明の後は、質問タイムが設けられ、出席者はそれぞれに担当官に質問し、疑問を解くことができました。

■講師■
名古屋北税務署 法人課税第一部門
上席国税調査官(審理担当官)
村松 弘邦 (むらまつ ひろくに) 氏
名古屋北法人会研修室

社会的距離を確保した配席にて実施しました。
11月12日(木)
14:00〜

税を考える週間 記念講演会

絶体絶命は打ち出の小槌
  〜ピンチこそ私のチャンス

講師は、テレビ・ラジオ等でお馴染みのタレント、エッセイストの小島慶子さん。

会場には、早い時刻から大勢の方が足を運んでくださいました。受付では、手指消毒と体温測定。三密を起こさないようにレイアウトにも配意して、整然と行うことができました。
開演前の時間を利用して、女性部会の面々が、“小学生絵はがきコンクール”の募集と“租税教室@YouTube”を来場の皆さんにステージ上からPR。
徳永法人会会長が、「私たち中小企業もこのコロナ禍のピンチをチャンスに変えて行きましょう」とあいさつしました。
そして、いよいよ開演・・・
日本で仕事をし、オーストラリアを往来・・・のはずが、コロナ禍のなかで飛行機が飛ばず、ご家族とはもう10か月以上もお会いできていないのだとか・・・。
スラッとシュッとしていてとってもチャーミングな小島さん。
とっても気さくな感じでお話始めたのは・・・
憧れの仕事についたら向いてないことがわかってしまった・・・出産後に不安障害 になってしまった・・・夫か゛無職になってしまった・・・20代から40代まで、次々と 「こんなはずではなかった」という出来事がご自身の身の周りに起きたそうです。
マタハラあり、モラハラあり、ご自身の中に“男尊女卑”を当たり前とするような古い“オヤジ”が潜んでいたりとか…
どの出来事も、死んでしまいたいと思うくらいの大きなピンチだったけれども、ふとした気づきにより、それらのことが自分にとっての大きな チャンスであった。
全世界中で大変なことになっている新型コロナ禍の今も、同じ。
失うものも沢山あるけれども、本当に失うばかりなのだろうか?逆に、得られたものは何かないのだろうか?
そこに想いをめぐらすことで、ピンチがピンチでなくなった。

思いがけない変化は、誰でも不安なもの。そんな時に発想を 切り替えて、ピ゜ンチをチャンスにしてきた経験をお話しいただきました。
講演後には、来場者の方々の質問にも快くお応えをいただき、何ごとも飾らないお人柄や、聡明さがよく伝わってくる講演でした。

■講師ご紹介■
東京大学大学院情報学環客員研究員
昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員
タレント / エッセイスト
小島 慶子 (こじま けいこ) 氏
名古屋市守山文化小劇場
11月18日(水)
14:00〜
第4回 税務教室 年末調整の説明会

改正事項を中心に、間違いやすいポイントを解説

税務署・国税局の源泉所得税担当や、主任税務相談官の勤務経験をお持ちの税理士先生に、令和2年分の年末調整事務での間違いやすいポイントを中心に解説していただきました。
出席していただいた方の中には、11月5日に開催したオンラインセミナーにも参加して、こちらの説明会にも参加して、という熱心な方もおいでになり、きちんと正確に手続きを進めなきゃいけないという、意気込みのようなものが感じられました。

また、先生からは、なぜそのような仕組みに改正されたのかなど、制度改正の趣旨等についても理論的に説明がありました。
改正の趣旨については、とてもよくわかりましが、従業員さんから提出してもらわなければならない書類が増えたり、控除額をそれぞれに細かく計算しなければならない場面が増えたので、とても大変だなと感じました。

出席していただいた皆さんには、本年の年末調整事務に使用できるテキストとして、「年末調整のしかた」を配付しました。

■講師ご紹介■
税理士
鵜飼 孝一 (うかい こういち) 氏
名古屋市北文化小劇場

今年は、新型コロナウイルスの感染拡大の観点から、税務署主催の説明会は開催されず、代わりに法人会として「説明会」を開催しました。
説明の補足に使用した「年末調整DVD」は、名古屋北税務署様から貸出ししていただきました。

11月27日(金)
14:00〜
第5回 税務教室
名古屋北税務署長講演
   「税務について想うこと」

 大橋慎一名古屋北税務署長様にお話をいただきました。
 
名古屋北法人会だよりの148の中でもお伝えさせていただいていますが、署長様のご信条や、大切にされている「三惚れ」の精神に関するお話をいただきました。
 また、日本の財政の現状が大変に厳しい状況にあることや、AIを駆使した近未来の税務行政のイメージのなどのお話、税務大学校にある「租税資料室」に関する紹介もありました。

そのほか、40年近くに亘るご自身の経験を踏まえた“上手な調査の受け方?”や、宮沢賢治の「税務署長の冒険」にまつわるエピソードなど、幅広くとても丁寧にご紹介いただきました。
密造酒の摘発のために地雷探知機を活用した時代も過去にあったなどのおもしろいお話もあり、ご聴講いただいた皆様からは、大変ためになったと好評でした。

■講師ご紹介■
名古屋北税務署 署長
大橋 慎一 (おおはし しんいち) 氏
名古屋市北文化小劇場

11月19日(木)
11月26日(木)
12月 3日(木)


10:00〜16:00

(お昼休憩1時間)
パソコン講座(企業向け)

オリジナルテキストを参照しながら受講者自身が各自で、自分のペースで、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスなどのマイクロソフトOffoceのソフトを中心に、学習していただくことができると、講評の講座です。

マンツーマン状態になると、講師と受講者との距離がどうしても近づくときがあるため、コロナ感染症の予防対策には、たいへん気を使った講座でした。
各自が学びたい内容の程度により1日コース、2日コースが有り、Offoceのソフト以外にも、VBA、ホームページの作成ソフトを学習しておられる方もいました。
少人数で、懇切丁寧な指導のもとに進めていただき、受講者からは、「わからないことを都度、わかるまで何度でも質問することができてよく分かりました。」との声をいただきました。

■講師ご紹介■
システムカレッジ 代表
平林 一紀 (ひらばやし かずのり) 氏
名古屋北法人会研修室

社会的距離を確保した配席にて実施しました。


1月23日(土)
観劇会13:00

社会貢献観劇研修会
1 ミュージカル「ライオンキング」の見方
2 ライオンキング鑑賞
あいにくの雨模様のお天気でした。
会場内で集合して全員写真を撮影することができなかったので、ご来場いただいたタイミングでグループ毎に記念写真撮影。
ディズニー作品のライオンキング。
原作のイメージをそのままに、劇団四季のアクター達による熱演でした。
大音量のBGM、効果音、更に、魂を揺さぶるアフリカン・ビートに身をゆだねれば、そこは、正に別世界でした。
主人公の少年ライオン、シンバがプライドランドを追われ、たどり着いたところで出会ったのは、陽気で何にも心配しない二匹。そう、ティモンとプンバァ。
その、二匹が、なんと、流ちょうな名古屋弁でユーモラスに会話を繰り広げるシーンでは、会場内のあちこちで笑い声も聞こえました。

観劇研修会の第一部は、本来であれば、劇団四季名古屋営業部のご担当者様から、このミュージカルの見どころ、見方などをご講演いただける予定でしたが、新型コロナの「緊急事態宣言」が発出されていたため、講演を開催することができず、「見どころ紹介」のリーフレットで対応することとなりましたが、参加予定のみなさんから、事前に寄せていただいた質問にもしっかりとお答えをいただくことができました。
このようなミュージカルを見るのは初めてという参加者の方は、とてもたくさんの登場人物(?)動物(?)なのに、出演者の数の少なさに驚き、舞台効果・演出に驚き、また、出演者の皆さんがスピーディーに何役もの着替えを行うために、どのような順序で衣装を用意しているのだろう・・・・???などと疑問が尽きない様子でした(笑)。
名古屋四季劇場

緊急事態宣言が出されていることから、ストリングスホテルでの集合研修が開催できなくなりましたが、劇団四季様のご協力により、「見どころ紹介」のリーフレットを事前に作成いただき、参加者に配付することができました。
*講演会・税務教室・経営教室は一般の方も聴講できます。
  ご希望の方は名古屋北法人会事務局までお問い合せ下さい。
           (名古屋北法人会事務局 ー915-3886)
◇役員会
日 時 事業の内容 場 所
9月9日(水)
10:30〜
運営会議
理事会における提案事項・審議事項について協議・確認しました。
公益事業の現状等について、今後の事業予定等について検討しました。
ほか
魚鉄
9月9日(水)
13:00〜
理事会
名古屋北税務署長様、法人課税第一統括官様を来賓にお迎えして、コロナ感染防止対策を徹底して開催しました。
会議では、令和2年度における業務執行役員及び部会長の業務報告を受け、確認しました。
コロナ禍の中における各種活動の展開に当たっては、参加者の安全と感染予防を最優先し、無理はしないこと。
行事実施の可否に係る的確な判断と迅速な連絡を行うこと。
行事実施時には、感染防止対策を徹底すること。
オンラインなどの代替方法により実施することも検討し、推進することなどを確認しました。
9月から12月を組織拡大月間とし、会員拡大目標を設定することを承認いただきました。

併せて、組織拡大方針等について審議いただきました。
また、理事会終了後には、法人会の加入メリットの一つである保険商品について、大同生命保険、アフラック、AIGの保険会社担当者から説明を受けました。

魚鉄
10月15日(木)
10:30〜
広報委員会
広報誌名古屋北法人会だよりbP49(令和3年1月号)の編集方針等について、協議しました。
bP49号の表紙写真をどのようなデザインにするのかということについては、大変に盛り上がりました。
この日は、法人会のマスコットキャラクターの「けんた」君が委員会に来てくれたので、出席委員さん全員で「けんた」君を囲んで記念写真を撮影しました。
魚鉄

12月9日(水)
13:30〜
運営会議
理事会における提案事項・審議事項について協議・確認しました。
公益事業の現状等について、今後の事業予定等について協議しました。
ほか
親和電機 会議室

12月9日(水)

15:00〜
理事会
名古屋北税務署の中村副署長様と、田中法人課税第一統括官様にご臨席をいただき開催しました。
業務執行役員及び部会長の業務報告に続き、組織拡大月間である9月から11月における新入会員の加入状況を紹介し、会員拡大へ更に努力していくことを確認しました。
その他、今後の事業の予定などをお伝えし、確認いただきました。
また、法人会の加入メリットの一つである保険商品について、大同生命保険担当者から説明を受けました。
理事会終了後には、11月22日に女性部会が配信した「租税教室@YouTube」の動画を、理事の皆さんに観ていただいたところ、動画の出来栄えに驚いた理事も大勢いらっしゃって、あらためて、小学生等への租税教育の重要さを認識していただきました。
親和電機 会議室
※詳細は事務局までお問い合わせください。 電話 052-915-3886

Copyright(c) 公益社団法人名古屋北法人会